カードローン 仕組み

個人が利用できるカードローン

カードローンは、銀行や消費者金融などが提供している個人向けの小口融資サービスのひとつです。
インターネット・携帯電話・スマートフォン・郵送・自動契約機の5種類から申込みをすることができます。
24時間365日申込みが可能なので急な出費のときも慌てる必要はありません。

 

審査を受けるには各カードローン会社が定める必要書類を用意し、提出する必要があります。
提出方法は郵送のほかに書類を携帯電話やスマートフォンのカメラで撮影し、メールで添付する方法があるので即日融資を受けたいという方におすすめです。
ただ、カードローン会社では即日融資の受付時間を定めているためその審査時間外に申込みが完了するとすぐに融資を受けることが出来ないので注意しましょう。
審査の内容は会社員であっても主婦であっても同じです。
主婦だから審査が甘い、サラリーマンは厳しいということはありません。

 

審査内容は公表されていませんが申込書の内容に不備がないか、虚偽の申請がされていないかが見られていると言われています。
申込者に返済能力があるかどうか個人信用情報や在籍確認の電話で確認されます。
在籍確認は申込書に記載した連絡先へ行われますので、必ず連絡が取れる番号を記載しましょう。

 

無事に審査に通過すると電話やメールで連絡があります。
審査に通過してはじめてローン専用のカードが発行されますが一般的な審査では到着までに1〜2週間程度かかります。
すぐにお金が必要な場合は自動契約機やテレビ窓口があるカードローン会社へ申し込みましょう。
最寄の自動契約機でカードを発行することができるので提携ATMを利用してすぐにお金を借りることが出来ます。
申込先にテレビ窓口や自動契約機がない場合は既存の口座に振り込みをしてくれるカードローン会社へ申し込むことがおすすめです。

 

手続き前に申し込み先のカードローン会社にどんなサービスがあるのか確認しましょう。
この銀行系や消費者金融系の特徴は通常のローンと異なり、事前に融資できる枠を設定し、その範囲内であれば自由にお金の借入れができるというものです。
その名称のカードの通り、発行されるカードを利用して、ATMからお金の借入れと返済を行うことができます。

発行されるカードに関しては、銀行であればキャッシュカードにその機能を付与したものや、単独で発行されるローン専用カードがあります。
消費者金融のものは単独のカードが原則ですが、カードにクレジットカード機能を兼ね備えたものやマイルのポイントカードを兼ねたもの電子マネーカードを兼ね備えたものなど、そのカードの種類は様々です。
お金を借りたい時にカードローンに加入するためには、サービスを提供する銀行または消費者金融が定める加入条件を満たし、返済能力に関する審査を受ける必要があります。

 

特に金利など貸出条件が有利なものに関しては審査が厳しい傾向にあり、信用情報機関に過去の返済トラブルなどがあると不利です。
反対に貸出条件が不利なものは審査がゆるやかな傾向にありますが、金利に関しては法定金利の年利20%を超える貸し付けは行われていません。
利用限度額枠に関しては銀行の方が有利で、最大1000万円までの枠が設定できるところがあります。
消費者金融の場合には業界トップクラスでも最大500万円が上限となっています。

 

銀行系は低金利なので借入件数が多い人や複数利用で借入額の多い人は、一本化にも使えます。
カードローンの借入れはATMから引き出す形で行われますが、事務手数料や返済に関しては商品によって異なります。
近年は銀行振替による自動引落が普及してきましたが、対応していないところもあり、借りた人が期日までにATMに振込みを行って返済することになります。

 

もちろん自動引落でもATMからの振込による返済に対応しています。
またカードローンの引き落とし日は、月初めが多いので月末の給料日の人にはやや不利です。
キャッシング同様カードローンでは、長く借りていれば借りているほど金利が掛かることになり、そのため少しでも金利を節約する場合には返済期日までに返済を行う必要があります。
無利息というものもありますが、ブラックでもお借入可とか無審査は悪徳業者の可能性があるので信用できません。

初めて申込む方は審査に通過できるか不安ですよね。
こちらのサイトではカードローンの審査基準について解説しています。
申込む前にチェックして不安を解消しておきましょう。
専業主婦でも借りられるカードローン
●http://xn--lcki9a1cc5sf2cwec6643f9r4a8me930d.com/