カードローンの仕組みとクレジットカードでのキャッシングのデメリット

意外と盲点?クレジットカードでのキャッシングのデメリット

キャッシュレスが進む現代では現金を使う場面も少なくなりつつあります。

 

最近では多くの店がクレジットカードの決済機能を整備するようになり、現金をあまり持ち歩かない人も増えました。
ところが、会費制の飲み会やご祝儀など、突然に現金が必要になる場面も多くあります。
そこで、手元にクレジットカードしかない時でも、カードローンを組めるか解説します。
結論から言うと、クレジットカードでもカードローンは組めます。

 

ただし、それはキャッシングという機能を利用する場合です。
キャッシングとは、クレジットカードに設定された限度額内の中で、現金を借りる機能のことです。商品を先に受け取り、後で代金を引き落としされる、代金立替がクレジットの主な機能です。
それと比較してキャッシングは、あくまで現金を借りてくる機能ですから、利息が発生します。

 

また、その利率も18%と高く設定されている場合がほとんどです。
これは、万が一カードの利用者が代金を払えない時、商品を買った場合なら商品を回収することも出来ますが、現金だと手元にないから回収することが出来ないというリスクが存在します。そのリスクの対価として、利率が高めに設定されているのです。

 

では、カードローン専用カードと、クレジットのキャッシングは何が違うのでしょうか。
現金を借りて、利息をあわせて返すという仕組みは一緒ですが、カードローン専用のカードの方が、借入限度額が大きく、利率が低いのが一般的です。
これは、クレジットカードよりもカードローン専用カードの方が、利用者の信用情報を厳格に査定して発行されるからです。
現金には利用者が返済不能となる貸し倒れのリスクが大きく、これを避けるために利用者の収入や過去の金融利用歴といった情報はかなりチェックされます。
こうしたカードローンと比較すると、代金立替がメインのクレジットは発行されやすく、多くの人が持っています。

 

以上のように、クレジットでもカードローンは組めます。
ただし、専用カードと比較するとどうしても利率が高く設定されていますから、少額の借入に利用するのが良いでしょう。

 

そこでオススメなのがカードローンです。
目的を問わず保証人も不要でスピーディに借入できるので、必要なときにすぐに活用できる点が大きなメリットです。
融資枠と金利は申し込んだ人の年収などから判断され決定します。
リボルビング払いや一括払いなど利用者の状況に合わせて柔軟な返済システムが用意されているのも人気の理由です。

 

借入も返済も利用提携している全国のコンビニATMが使えるので安心です。
ただ借りすぎにはくれぐれも注意が必要ですので、しっかりと利用計画を立ててから借入を行いましょう。

 

 

個人でも申し込めるカードローン会社をチェック!