カードローンの仮審査と本審査の仕組み

カードローンの2つの審査:仮審査と本審査

近ごろ急激に利用者を増やしているインターネット申込は、パソコンやスマートフォンから簡単操作で申込ができるスグレモノです。
申込専用画面にある名前・住所・収入などについての基本事項を入力して送信し、あとは審査回答を待つだけです。
申込後コンピューターによるスコアリングと信用情報機関に登録されているデータをもとに融資可否決定と融資限度額の決定が行われます。

 

さらに本人確認などの手順を経て最終的な審査通過後に契約となります。
ローン業界では一般的に限度額が大きいほど低い金利で借りられるようなしくみになっています。
限度額は申込者の収入や他社借入分などから決まるので、審査に通っても必ずしも希望どおりの金額を得られるとは限りません。
ただ返済状況に問題がなく利用を続けていれば、後日増額される可能性もあります。

 

カードローンの審査は仮審査と本審査の二つに分かれています。
銀行のカードローンでは明確に仮審査が手続きの流れの中で紹介されていますが、消費者金融や信販会社などの貸金業者なども自動与信システムで仮審査を行い、次に在籍確認や書類を確認しています。
ゆえに二つの審査に通らないと契約できないのがカードローンです。

 

では、仮の審査とはどのようなことをチェックしているのかですが、主に自社の貸付条件と信用情報機関を通して、融資が可能かどうか、また与信枠を決めています。
年齢・性別、職種・勤続年数、住居形態と居住年数、家族構成や他社の借り入れなど記入された項目に従って、スコアリングにて数値化して合計の点数で審査の可否を可視化しています。
点数が多いほど与信枠が高く、低い場合は少ない額での結果となります。

 

また、他社の借り入れについては申告された数字と実際に信用情報機関で登録されている利用履歴と刷り合わせてチェックしています。
過少申告していても、信用情報機関を通せば本当の数字が出てきます。
あまりにも金額に開きがある場合は仮審査の段階で審査落ちとなります。
ここまでは融資が可能で、現在の信用状態でこれだけ借りることができるという段階です。
まだ、この時点では融資決定ではありません。

 

次に待っているのが本審査です。
本審査は書類審査と言っても良いでしょう。
本人確認書類を元に本人に確認することもありますし、勤務先に電話連絡を行う在籍確認をとります。
すべての確認が完了した後に契約書にサインして指定の振込み先に融資されます。
カードローンの審査の内容は確認作業の連続です。
書類不要や在籍確認なしのカードローンがありますが、その代替としての書類が必要になることがあります。
仮審査はコンピューターによるデータマッチングによるチェックとすれば、本審査は人間の手による最終判断です。
電話確認を通して申告された通りなのか、細かくチェックして初めて融資となります。

 

 

個人でも申し込めるカードローン会社をチェック!