カードローンの正しい使い方と仕組み

後悔しない!カードローンの正しい使い方

カードローンを賢く使うためには、カードローンの安全な使い方を学ぶ必要があります。

 

例えば、カードローンの返済についてです。

 

どんな方法で返すのか、返済日はいつなのか、毎月の返済額はどうなるのか、月々の返済額は多いか少ないか、完済予定日はいつかなど、考えるべきことがたくさんあります。
借金のしすぎで返済不能になり生活が破綻、そうなってしまってから後悔しても始まりません。
キャッシングを利用する際に何より大事なのは、収入と返済のバランスを常に意識することです。

 

便利だからといってむやみに借入せず、返済計画をしっかり立ててから必要最低限のお金を借りるようにしましょう。
月々無理なく返済をしながら資金に余裕がある月には繰上返済を検討するなどして、なるべく早期完済を目指すことが賢い使い方です。

 

また借入の際の金利は返済額に大きく影響します。
消費者金融と比較すると銀行カードローンは低金利設定となっています。
審査はやや厳しいとされますが、総量規制の制限も受けないため専業主婦でも融資してもらる場合があります。

 

カードローンの返済方法には、コンビニ返済や窓口返済などいろいろありますが、どれを選ぶのも自由ですが、どれを選んでも自分にとって安全とは限りません。
自分に合った返済方法があるので、それをあらかじめ確認しておきましょう。
返済については、一括返済と繰り上げ返済についても考えておく必要があります。

 

これはお金に余裕がある場合の話ですが、借金の返済期間を短くすることができるのでとても有効です。
一括返済は、文字通り全てを一括返済することですから、もしそうできる余裕があるなら必ず行うようにします。
繰り上げ返済は、決められた月々の返済額にいくらかを足して返済することですが、これも借金を早く減らしていくうえでは有効です。
お金に余裕があると他のことに使ってしまいがちですが、可能な限り借金返済を優先させて、一括返済や繰上げ返済を利用しなければなりません。

 

さて、カードローンを賢く使うためには、借金が返済できなかったときのことも考えるべきです。
借金が返せなかったらどんなペナルティがあるのか、またどんな制約があるのか、それを知れば必然的に賢く使うようになるからです。
カードローンの返済が滞らせると、まず、期日通りに返済できなかった事実が信用情報機関に登録されます。

 

これはいわゆるブラック情報と呼ばれるものですが、ここに登録されるといろいろな制約を受けることになります。
数年間ここに名前が登録されたままになることから、新規での融資申込を受け付けてもらえなくなりますし、クレジットカードの発行ができなくなるということもあります。
こうした点を考慮しておくことも、カードローンを賢く使うために必要です。

 

 

個人でも申し込めるカードローン会社をチェック!